トップ » クラピの活動(コンサート)

コンサート

コンサートの特徴

クラピのコンサートは年6回開かれ、それぞれに特徴があります。

新歓コンサート
(4月)
前年度時点での既会員が出場する、大学内でのコンサートです。
新入生の皆様はお客様として迎えられます。
新人コンサート
(6月)
新入会員の皆様方の初お披露目コンサートです。
新入会員はプログラムの最後の方に出演するのが伝統です。
明中合同コンサート
(8月)
明治大学ピアノの会 KLAVIER様と合同で開催します。プログラムは、両大学の演奏者がおよそ交互になるように組まれます。
白門祭コンサート
(11月頃)
白門祭期間に、大学内で開かれます。
見に来て下さるお客様が最も多いコンサートです。
クリスマスコンサート
(12月)
年間で唯一、2台ピアノの部があるコンサートです。
卒業コンサート
(2月)
クラピ卒業生が、集大成として出演します。プログラムにはプロフィールや過去の思い出等、曲目以外の事柄も掲載されます。

どのコンサートでも、演奏するのは自分の弾きたい曲でOKです。「クラシックピアノ』という名前ではありますが、実際はオールジャンル大歓迎!曲の長さも自由ですよ♪


出演までの流れ

上記のコンサートの日程を頭に入れた上で、自分がどの演奏会で何の曲を演奏したいか前々から決めておき、練習しておくのが大前提です。 連弾・2台ピアノ等アンサンブルを組む場合、早めにサークル内で声をかけてメンバーを確定し、合わせ練習を始めておきます。

コンサートの約3週間程前になると、エントリー開始のメーリスが届きます。

所定のメールアドレスへ
(1)学年、名前
(2)演奏曲名/作曲者名
(3)演奏予定時間
(4)プログラムに記載するコメント(※後から送ることも可能)

の4点を記載して送信すれば、エントリー完了です!

エントリー締め切り後、約3日ほどで仮プログラムが決定され、
約10日後にはプログラムの本決定が行われます。
※仮プログラム決定後、授業や複数回出場等の関係で、やむを得ず演奏順を入れ替えなければならない時
のみ、プログラム係へ演奏順変更の申請を行うことができます。

コンサートの数日前にリハーサルを行います。会長または副会長の立ち会いの下、Cスクエア内の音楽練習室もしくは小ホール(2台ピアノの場合のみ会室)で、本番同様に通し演奏を行います。 主に3〜5限の時間帯を利用するため、複数日にわたって行われます。都合の良い日・時間帯に自由に参加できます。
本番当日は、午前中に会場にてリハーサルが行われます。出演者数にもよりますが、1人あたり3〜6分の時間で、実際演奏するピアノの感触を確かめることが出来ます。
ついに本番、思う存分音楽を楽しみましょう!

Twitter

inserted by FC2 system